ご挨拶

代表取締役社長 下村 隆彦

好立地での高価格带ホームの新規開設を継続、
首都圏での認知度が向上し、業績に貢献

株主の皆様におかれましては、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、当上半期において3ホームを開設し、首都圏及び近畿圏における運営ホーム数は54ホーム、居室数は3,724室(2019年12月31日現在)となりました。当下半期におきましては、高価格帯の「チャームプレミア」シリーズ1ホーム(柿の木坂)を含む5ホームの新規開設をいたします。

中長期目標として掲げております「売上高500億円、運営数100ホーム以上」の達成に向けて、「経常利益成長率30%、売上高成長率20%、売上高経常利益率10%」を指標目標として、首都圏での高価格帯を中心とした新規開設を継続し、新規事業である不動産事業についても具体的な取り組みに着手しております。

東証第一部上場企業として、社会に広く貢献できる企業となるよう努めてまいりますので、株主様をはじめとするすべてのステークホルダーの皆様におかれましては、末永くご支援賜りますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。

2020年3月
代表取締役社長 下村 隆彦