ご挨拶

代表取締役社長 下村 隆彦

当社最上位シリーズをはじめ、バランスの良い開設により
首都圏、近畿圏における強固なドミナントを構築

株主の皆さまにおかれましては、平素より格別のご支援を賜り、厚く御礼申し上げます。

当社は、2020年6月期において8ホームを開設し、首都圏及び近畿圏における運営ホーム数は59ホーム、居室数は4,002室(2020年6月30日現在)となりました。2021年6月期におきましては、当社最上位シリーズの第2棟となる「(仮称)チャームプレミア グラン 南麻布」を含む5ホームの開設を予定しております。これにより、運営ホーム数は64ホーム、居室数は4,289室となります。また、不動産事業についても、取得済みの兵庫県西宮市や東京都三鷹市の土地において建物の設計を行っており、介護事業に続く「第2の柱」として育成を進めてまいります。

中期目標として掲げております「連結売上高500億円、運営数100ホーム以上」の達成に向けて、首都圏での高価格帯を中心としたバランスの良い開設を推進し、首都圏、近畿圏において強固なドミナントを構築してまいります。

また、介護サービス面では、サービスや社員の「質」の向上に重点を置き、①競争力②社員力③財務力④社員の処遇について業界トップを目指す「4つのNo.1」を推進し、他社との差別化を進めます。

東証第一部上場企業として、社会に広く貢献できる企業となるよう努めてまいりますので、株主さまをはじめとするすべてのステークホルダーの皆さまにおかれましては、末永くご支援賜りますよう、引き続きよろしくお願い申し上げます。

2020年9月
代表取締役社長 下村 隆彦